起立性調整障害におすすめの光目覚まし時計

MENU

起立性調整障害におすすめの光目覚まし時計

朝なかなか起きられない、どうしても体を起こすのが辛くて長い時間ベッドの中でゴロゴロしてしまう、そんな症状を経験したことはありませんか?
実はそういった症状は起立性調整障害の可能性があります。
起立性調整障害とは自律神経失調症のひとつと考えられていて、朝の目覚めが悪いといった症状に加え、立ちくらみやめまい、動悸といった症状が見られます。
一日の始まりである朝がバッチリ決まらないと、一日中どんよりした気分で過ごしてしまいがちです。
そうすると仕事や家事といった様々な業務に支障が出て効率も悪くなってしまいます。
起立性調節障害に悩んでいる人にぜひともおすすめしたいのが光目覚まし時計です。
普通の目覚まし時計は振動や音量で覚醒を促すものですが、実はこういった方法は交感神経を刺激してしまい、かえって体を疲れさせる原因にもなりかねません。
また、音量で目覚めてしまっても目覚まし時計を止めてしまった途端、すぐに寝てしまうなんてこともあります。
光目覚まし時計は太陽光に近い、強い光を浴びることで自然に近い目覚めに導いてくれます。
人間の体は強い光を浴びると脳内ホルモンが活性化し、体内時計もリセットされるので心地よく目覚めることができます。
大きな音は出ないので、不用意に神経を驚かせることもありません。
日照時間は季節によって変わりますが、光目覚まし時計なら一年中安定した光量なので、季節ごとに目覚めが悪くなるなんてこともないのです。
起立性調節障害でどうしても朝が苦手な方は一度光目覚まし時計を使ってみてはいかがでしょうか。